豆日記

日々の小さな事柄をつづって行きます。


アルゼンチン・バルデス半島に行ってきました。(五日目)

  1. 2013/10/22(火) 13:54:04|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
P1200461.jpg
プンタトンボのペンギン村



いよいよ、バルデス半島の観光最終日。

早朝5時起床の400キロのドライブ、再びです。
この日はペンギンの大きなコロニーのあるプンタトンボへ。

ペンギンが見られるのは9月から3月の間で、私たちが旅行した9月中旬はまだメスのペンギンは上陸しておらず、オスのみでした。
メスが到着して、赤ちゃんが生まれると三倍くらいの人口(ペン口?)になるらしいです。この時は「独身男子寮」といったところでしょうか。

P1200397.jpg

あの海岸線の奥の方までペンギンの生息地。

P1200463.jpg

「うーん、いっぱいいすぎて何かありがたみなくなるね・・・」と旦那。
確かに、もう水族館や動物園でペンギンさんにわくわくしないくらいの一生分のフンボルトペンギンを見たかも。

P1200429.jpg

可愛い後姿。

P1200521.jpg

プンタトンボを離れて、次はガイマンという小さな町を目指します。
この町に住む人の多くは、ウェールズからの移民の子孫で、ウェールズ文化・習慣が色濃く残っているのだそうです。
ここでのお目当ては、ウェールズ風アフターヌーンティです!!

P1070566.jpg

綺麗なティールームで紅茶とお菓子を・・・女性はいくつになってもこのような事が好きなのですよ(*^_^*)

P1070548.jpg

スコーン・ケーキ・紅茶はおかわり自由。
毛糸でおめかししたポットが可愛いです。

P1070552.jpg

最後にトレレウの町を観光。
古生物博物館にいきました。ここではパタゴニアで発掘された恐竜の化石のレプリカを中心に古生物の資料を展示しています。
小さな博物館ですが、なかなか見ごたえがありますよ。

P1070598.jpg


今回の旅行は移動距離も長く寒かったので、動きが活発になってきていた娘にはキツイ旅行になってしまいました。
今までのお出かけや旅行で、比較的おとなしかったので今回もと思ったのですが、娘には娘の日常の楽しみがあるわけなので(赤ちゃんだけど、いっちょまえにあるらしい)もう、長い時間は大人に付き合ってくれなくなっていました。
日本にも帰ることになったし、二泊三日以上の旅行はしばらくお休み。
娘の成長にあわせて、家族で楽しめるお出かけを考え直さないといけないなあと思った旅行でした。




スポンサーサイト
<<くまだらけお誕生日。 | BLOG TOP | アルゼンチン・バルデス半島に行ってきました。(四日目)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


▲PAGETOP