豆日記

日々の小さな事柄をつづって行きます。

  • 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

アルゼンチン・バルデス半島に行ってきました。(三日目)

  1. 2013/10/21(月) 14:06:56|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
P1190539.jpg
こんな赤ちゃんライオンと記念撮影してきました!



ライオンやトラと記念撮影ができることで有名なルハン動物園に行ってきました。
赤ちゃんのころに犬に育てさせることで、大人しい性格になるそうです。
動物大好きな我が家は、朝も早起きしてホテルのロビーで送迎のバスを待っておりました。
しかし・・・待てど暮らせどバスはやってこず・・・違うツアーのお客さんが次々と名前を呼ばれる中、そわそわとお迎えを待ちます。
時間が多少おくれるのは、南米では当たり前の事なので、娘と手遊び等して遊んで待っておりました。
はじめはご機嫌だった娘もだんだん怪しい雲行きに。
気が付けば、二時間くらいの時間がたっておりました。
これは、完全に私たちの事忘れられてる!!急いで、予約を入れた旅行会社に電話しました。
どうやら、私たちのオーダーを受けたスタッフがツアーバスにホテルの名前を間違えて伝えていたようです。
夫婦二人の旅行なら、時間の遅れはかなり我慢できるのですが、子連れだとちょっと難しいですね(>_<)
ご機嫌時限爆弾のような赤ちゃんが、いつグズリ出すかと冷や冷やハラハラ。
「とにかく、動物園に連れってってー!」と、旅行会社にバンを用意していただき、ツアーとは二時間遅れで出発しました。
娘はべそべそと泣き始めるし、旦那はスペイン語で怒り狂うし、誰か助けてー!って感じでした。
旦那の怒りが旅行会社に届き(?)ツアー代は全額返してもらったけれど、とにかく疲れた・・・。
動物園に向かう間、娘はおっぱいをたらふく飲み爆睡。動物園についたころには充電ばっちりでした。
授乳ケープはいつも鞄にはいっている心強い私の七つ道具です。

P1190508.jpg

ルハン動物園に到着。入園ゲートでさっそく鳥の餌を買いました。
コーンやパンが袋にぎっしり入っていて、日本円で150円くらいでしょうか?
袋を持っていると、アヒルやカモたちのおねだりの嵐。餌をまくと、足元があっという間に修羅場と化します。
アヒル達の勢いに、びっくりの娘は半べそ。

ライオンとの写真撮影のために、檻の前に並びます。
残念ながら、檻の中に入れるのは16歳以上。私と娘は外で旦那がライオンと戯れるのを見学していました。
触り心地を尋ねたら、「ごわごわだった・・・」とのこと。
この動物園のお話をうかがってからずーっと来たがっていた旦那。よかったねー(*^_^*)

赤ちゃんライオンの檻の中なら年齢制限が無いとききつけ、行ってみました。
ライオンの赤ちゃんをもふもふできるなんて・・・!

P1070148.jpg

旦那の腕の中ですやすやと眠る赤ちゃんライオン。可愛いなあ。

P1070159.jpg

赤ちゃんダブル抱っこ。「ちょっと、狭いんですけど」と娘。

P1070171.jpg

飼育員さんに触ってごらんと言われて、照れる娘。「どうしようかしらー?」

猛獣と写真が撮れるほかに、ラクダに乗ったり象に餌をあげたり、いろんなふれあいコーナー満載でした。

P1190590.jpg

お昼はお肉の食べ放題を。
サラダも取り放題でしたよ。またまたすごいボリューム。

P1190524.jpg

いろいろな動物とふれあえて、旦那の朝の怒りもおさまったようでした。
夜の飛行機でいよいよバルデス半島に向かいます。
どんな動物に会えるかな?ワクワクします。







スポンサーサイト
<<アルゼンチン・バルデス半島に行ってきました。(四日目) | BLOG TOP | アルゼンチン・バルデス半島に行ってきました。(二日目)>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


▲PAGETOP