豆日記

日々の小さな事柄をつづって行きます。


おじいちゃんの本棚。

  1. 2014/03/27(木) 13:24:37|
  2. 絵本のことなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
P1110050.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



木工の得意な私の父が、孫のために絵本が選びやすい本棚をつくってくれました!

学生時代から絵本が好きで、細々と集めていたのですが娘が生まれてから絵本の冊数がぐーんと増えました。
絵本は一冊一冊が高度な芸術作品。個性もバラバラなだけに、サイズもバラバラです。
父には、なるべくどんなサイズの絵本も出し入れできるような寸法の物を作ってもらいました。
前面には、娘が手に取りやすいようにマガジンラックを取り付け。このラック部分が上部に収納できるようになっているのも、後部の本が取り出しやすいようにとの小憎い工夫。
父には頭が下がります。

ラックには、娘が今一番好きな本を置いています。

P1110054.jpg

絵本を手軽に持ち出せるようになったので、最近では一人でぱらぱらと本を眺めるようになりました。
「おかさん!よんで!」が減ってちょっと寂しい気もします・・・。




スポンサーサイト
<<桜が咲いたよ。 | BLOG TOP | 子供椅子。>>

comment

  1. 2014/04/04(金) 01:01:51 |
  2. URL |
  3. サバトラ白
  4. [ 編集 ]
サバトラ白です。
やー、お父さん凄すぎる。お爺ちゃんのお手製の絵本ラックなんて。
お手製だと家に合わせてサイズ指定も出来るから良いですよね。
かわうそお母さん(=あなたです)は本当にお父さんの職人精神を受け継いでいますよね。
かわうそお爺ちゃんから頂いた木製の置物はわが家のテレビ台の上に置いてあって、いい味を醸し出してますよ。
ちょうど猫が転がせない作りになっているので、飾っていても猫に壊されない貴重な置物になりました。

  1. 2014/04/04(金) 22:00:21 |
  2. URL |
  3. みーな
  4. [ 編集 ]
サバトラ白さん>
木製の置物、気に入っていただいているようで嬉しいです(*^_^*)
おじいちゃんにも報告しますね~。
我が家は旦那が電球も変えられないので、私がお家の大工さんにならねばならず、少しずつおじいちゃんから技を教わる日々です(笑)。
私も立派な匠になれるよう、頑張ります!

 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


▲PAGETOP